【2022年最新】WDWメモリーメーカーの必要性・購入手順・攻略術etc.

メモリーメーカーの紹介記事サムネイル

この記事では、実際にメモリーメーカーを使って感じたメリット・デメリットや、購入手順、メモリーメーカーをお得に余すところなく使い切る有効活用術を、2022年最新のサービス情報を含めてご紹介いたします!メモリーメーカー購入を悩んでいる方の参考になれば幸いです!

【はじめに】WDWのメモリーメーカーとは

WDW旅行を楽しむにあたってメモリーメーカーが必要か否かを判断する前に、まずはメモリーメーカーの基本情報を確認します。知ってるよ、という方は“【実体験】メモリーメーカーを使ってみて”に進んでください!

メモリーメーカーのサービス内容・料金

メモリーメーカーとは、「フォトパスサービス」で撮影された最大30日間の写真・動画すべてが、撮影された日から45日間、ダウンロードし放題の定額サービスです。(画像で図解しました。)

メモリーメーカーのルール図解

料金は199ドル(3日前までにメモリーメーカーを購入すれば169ドル)で、同じグループの旅行者最大25名まで、データを共有することができます。

Memory Maker One Day($69)もあり、1日分の写真・動画がダウンロードし放題というサービスで短期滞在者におすすめです。詳細はこちらの記事もご覧ください!

メモリーメーカーの購入方法

メモリーメーカーの購入方法は大きく分けて3つです。

  1. メモリーメーカーを利用したい日の3日前までに、パークチケットと一緒にメモリーメーカーを購入する方法(要注意!)
  2. メモリーメーカーを利用したい日の3日前までに、メモリーメーカー単体で購入する方法(チケットは購入済であることが前提)
  3. パークイン直前もしくは当日に、メモリーメーカーを購入する方法

【1】メモリーメーカーを利用したい日の3日前までに、パークチケットと一緒にメモリーメーカーを購入する方法

チケットとメモリーメーカーを併せて購入する方は、My Disney Experience>My Plans>Park Tickets>Select Ticketsと進んで購入してください。
ただし、試しに当日チケットを購入して当日パークにチェックインする、というスケジュールで設定してみたところ、メモリーメーカーは3日前事前購入割引版(169ドルのプラン)しか選択できませんでした。

チケットと一緒に購入する画面

購入日が6月19日、パークイン日も6月19日~20日にしているのに、3日前購入割引(169ドル)のメモリーメーカーのみ選択可能

これを購入してしまうと、購入から3日間のうちに撮影された写真が、メモリーメーカーのダウンロードの対象外となってしまいます。直前にチケットを購入する人は、絶対にチケットと一緒にメモリーメーカーを購入せず、方法【3】でメモリーメーカーを購入してください。

【2】メモリーメーカーを利用したい日の3日前までに、メモリーメーカー単体で購入する方法

すでにチケットを購入している、ホテルと一緒に旅行代理店に購入してもらった、などの状況であれば、こちらの方法でメモリーメーカーを購入してください。

My Disney Experience>Buy Memory Makerと進むと、以下の画面が表示されるので、169ドルの事前購入版を選択して購入してください。

169ドルのメモリーメーカーを単体で購入るする画面

※出典:WDW公式サイト

【3】パークイン直前もしくは当日に、メモリーメーカーを購入する方法

パークに遊びに行く直前、もしくは当日にメモリーメーカーを購入する方は、以下の方法で購入してください。

My Disney Experience>Buy Memory Makerと進むと、【2】の方法と同じ画面が表示されます。169ドルの事前購入版ではなく、必ず199ドルのメモリーメーカーを選択して購入してください。

メモリーメーカーを直前に単体で購入する方法

※出典:WDW公式サイト

【実体験】WDWのメモリーメーカーは必要?実際に使ってみて

ふたり旅行記はWDW新婚旅行の際に、メモリーメーカーを購入しました。購入に至った動機や使用した感想(よかったところ、要注意ポイント)をまとめていきます。

メモリーメーカーの購入理由・購入決定までの経緯

WDW新婚旅行の準備で特に重視したのは、“現地でお金のことを考えたくない”、“余分なことを気にせずWDWを楽しみ切りたい”ということでした。メモリーメーカーを事前に購入しておくことで、「メモリーメーカーを購入済だから、現地では写真撮ってもらい放題!!お金のことは気にしない!!」と割り切れることが、メンタル的にとても大切でした。

メモリーメーカーの購入を決定するまでには、以下の情報を収集し判断しました。

  • どんな写真を撮ってもらえるのか、ブログなどで検索して調べる
  • 日本では行列に並んで撮ってもらうorゲスト同士で撮影し合う様子が見られるが、WDWのフォトパススポット事情はどうなっているのか、待ち時間などを調べる
  • メモリーメーカーが不要だと判断した人のブログも読んでみて、デメリットなどを知る
  • 知り合いのWDW旅行経験者がいれば、メモリーメーカーを買ってよかったか聞いてみる

実際にWDW旅行を終えて、やはりメモリーメーカーは必要だったな!と感じています。

私たちがメモリーメーカーを購入するまでの判断材料となった情報を、このブログでもしっかり発信できるように意識して記載していきます!

【感想】メモリーメーカー良かった点5つ

ふたり旅行記の感想として、メモリーメーカーを購入してよかったなと感じるポイントを3つご紹介します。

良かったところ①気に入る写真が多く、両親に見せたり飾ったりする一生の思い出ができた

フォトパスカメラマンさんに撮ってもらった写真は、プロカメラマンのレベルではありませんが、表情や画角、色合いなど、満足できるものがかなりありました!新婚旅行なので、両親や親戚に見せる機会もあったのですが、自撮り写真でなく、引きで撮ってもらった良い表情の写真があると、使い勝手もよかったです!

ノハナで両家親に向けて作成したアルバム

アルバム作成サービスアプリ“nohana”より、実際の作成画面のスクリーンショット

良かったところ②スマホでも撮ってください、と伝える手間が減った

フォトパスカメラマンに撮影してもらう際、必ずフォトパスカメラマンが持っているカメラで撮影をします。基本的には、「スマートフォンで撮りましょうか?」と聞いてくれることはないので、都度ゲストからお願いする必要があります。

メモリーメーカーを購入していれば、数分~数時間の間に大体の写真は連携され、My Disney Experienceから見ることができます。そのため、いちいちスマホで撮ってもらうことをお願いする手間が減ったのが、精神的に楽でした!

良かったところ③フォトパススポットが至る所にあり移動時間を最大限に活用できた

日本のパークでは、フォトパスカメラマンを正直あまり見かけない印象でしたが、WDWでは歩いていると、「さっきもあったのにここにも?!」と思うほどたくさんのフォトパススポットがありました。次のライドや目的に移動する流れで、「ついでに撮ってもらおう!」という動き方ができ、移動時間も含めてすべてが充実した時間となりました。

フォトパススポット

出典:My Disney Experienceアプリ

画像の通り、My Disney Experienceアプリでフォトパススポットを簡単に探すことが可能です。シンデレラ城前の広場には、4か所もフォトパススポットがあります!

良かったところ④アトラクションライド中の写真を見ると、鮮明に当時のことを思い出せる

七人のこびとのマイントレイン

七人のこびとのマイントレインライド中の写真

ライド中の写真はフォトパスならでは!ライド中の写真を見ると、周りが薄暗く「日が昇らない早朝からパークに行ったこと」を思い出すほか、「せっかくマイントレインに乗れたが途中BGMが途切れて無音ジェットコースター状態になったこと」など、当時の記憶が鮮明によみがえってきて、何年経っても宝物です。

良かったところ⑤撮影自体が楽しく夫婦・友人間の距離が縮まる

エクスペディションエベレスト

この写真は、エクスペディション・エベレストを背景に、フォトパスカメラマンから「すっごく寒そうにしてみて!!!」と言われて頑張って撮った写真です。中途半端にやることのほうがむしろ恥ずかしく、並んでいる他のゲストを前に、表情含め全力を出し切ったあとの達成感と高揚感が、とても楽しい思い出になっています。

【感想】メモリーメーカー注意点3つ

ふたり旅行記がメモリーメーカーを購入したあと、盲点だった点・後悔した点を要注意ポイントとして3つ挙げています。

要注意ポイント①撮れる写真の種類が豊富で下調べが必要

ふたり旅行記がWDW旅行に出発する4か月前に、期間限定でSuper Zoom Magic Shots(後述)が撮影できるようになるなど、撮影できる写真の種類は常に増えていることが帰国後にわかりました。メモリーメーカーの料金を払っている以上、情報収集は必須だと痛感しています…。

要注意ポイント②すぐにSNSに投稿したいときはスマホでの撮影が安心

メモリーメーカーの写真は、基本的には数分~数時間でMy Disney Experienceから見ることができましたが、数枚は「あれ?まさか連携漏れ!?」と心配するくらいデータの連携が遅かったものも…。
WDWフォトパス利用規約では通常24時間以内にMy Disney Experienceへ連携されるとされていますが、マジックキングダムの窓口では、「最大72時間以内にMy Disney Experienceへ連携される仕組み」と案内していました。

SNSにすぐUPしたい場合は、フォトパスカメラマンにスマホでも撮影してもらうようお願いしておいたほうがよさそうです。

要注意ポイント③旅行直後以外、写真を見返す機会があまりないかも・・・

ふたり旅行記の筆者夫婦は、ブログという形でWDWの情報発信をしていますが、それでも数年経つと日々の生活の中でWDWの写真を見返すことは少なくなりました。

一方、旅行直後はWDWロスで毎日「あの時間に戻りたい!!」と写真を見返していました。WDW旅行を楽しんだ後の自分が、ゆっくり余韻に浸ることができるように、メモリーメーカーでたくさん写真を残してあげる、というような気持ちも込みで、メモリーメーカーを購入するのがおすすめです。笑

後悔しない!2022年最新のWDWメモリーメーカー攻略術!

メモリーメーカーの基本情報や、要注意ポイントでも記載した通り、メモリーメーカーの購入検討や有効活用のためには、集めておきたい情報がかなり多く存在します。ここからは、

  • メモリーメーカーを購入するか悩んでいる方が知っておくべき情報
  • メモリーメーカー購入者が最大限メモリーメーカーを有効活用するために必要な情報

を、WDWメモリーメーカーの攻略術としてご紹介していきます。

バリエーション豊富!WDWメモリーメーカーでゲットできる写真・動画例

フォトパスカメラマンに撮影してもらった静止画

フォトパスカメラマンに撮影してもらった静止画

左:ミッキー・マウスのスクリーンデビュー90周年を記念した、限定コスチュームでのグリーティングです。キャラクターと戯れているショットも残してくれました。

右:WDWのハロウィンイベント“Mickey’s Not-So-Scary Halloween Party”の際、夜の屋外で撮影されたショット。被写体も後ろの飾りもお城も、すべてがきれいな色で撮影されています!

フォトパスカメラマンの撮影写真にキャラクター等が合成された静止画・動画

フォトパスカメラマンの静止画にマジックショット効果がプラス

左:撮影時にはふたり旅行記しかその場にいなかったはずなのに、届いたデータ上には、ハロウィンイベント“Mickey’s Not-So-Scary Halloween Party”のパレードのホストを務める首無し騎士が!

右:スターウォーズエリアで撮影された静止画を、かっこいい動画でも見ることができました。

撮影時にはいなかったキャラクターが映り込んでいたり、動画になったりする加工を、マジックショットと言います。マジックショットがかかっていない素の写真データも併せてゲットどうかは、撮影スポットによって異なります。

アトラクションのライド中の写真・動画

アトラクションライド中の写真・動画

左:スリンキードッグダッシュに、朝イチで(まだ日が昇っていない時間)ライドした際の写真です。周りは暗く、かつ高速で走行中であるにも関わらず、ライド中の様子がきれいに写っていました!

右:トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラーのライド中の写真は、写真としてだけでなく動画でも届いていました。載っている写真から引きの絵になって、タワー全体が写り、またライド中の写真に戻っていくというもので、一気に当時の記憶がよみがえります。

絶対撮りたい!超広角撮影“Super Zoom Magic Shots”

Super Zoom Magic Shots

出典:Disney Parks Blog

Super Zoom Magic Shotsとは、2019年に期間限定で登場し、その後定着したものなのですが、画像のように、以下の3種類が入手できちゃうとても貴重なフォトパススポットです!

  • 通常の画角写真
  • 超広角で撮影したパーク一角の写真
  • 通常の画角から超広角になってまた戻るという動画

Super Zoom Magic Shotsの撮影ができるフォトパススポットは各パークに1か所ずつあり、現時点では以下の4か所です。

  • Cinderella Castle at Magic Kingdom park
  • Star Wars: Galaxy’s Edge at Disney’s Hollywood Studios
  • Everest Riverside Theater at Disney’s Animal Kingdom theme park
  • Spaceship Earth at EPCOT

Super Zoom Magic Shotsで撮影した写真は、メモリーメーカーの購入者であれば追加料金不要でダウンロードできます。

Super Zoom Magic Shotsについてもっと詳しく知りたい方は、期間限定で開始された当時のDisney Parks Blog記事をご参照ください。また、最新の撮影可能スポットは、WDW公式サイトで確認できます!

3か所限定!360度写真“Tiny World Magic Shots”

Tiny World Magic Shots

出典:WDW公式サイト

Tiny World Magic Shotsとは、以下3か所限定で撮影できる、360度ビューの写真です!撮影した写真はもちろん、メモリーメーカーの購入者であれば追加料金不要でダウンロードできます。

  • Disney’s Hollywood StudiosにあるStar Toursの近く
  • Disney’s Animal Kingdom theme parkのTree of Life
  • EpcotのSpaceship Earth

2019年11月、ハリウッドスタジオに初めて登場してから、2021年4月にアニマルキングダム、2021年6月にエプコット、と少しずつ撮影可能スポットが増えています。もしかしたら今後マジックキングダムでも撮影可能となるか??WDW旅行前には必ず最新情報をチェックしましょう!

Tiny World Magic Shotsの撮影可能スポットは、WDW公式サイトからご確認ください!

追加料金不要でスタジオ撮影!“DisneyPhotoPass®Studio”

フォトパススタジオ

※出典:WDW公式サイト

DisneyPhotoPass®Studioでは追加料金不要で、スタジオの衣装を着たり背景を選択したりして、スタジオ撮影ができます!撮影された写真は、メモリーメーカーでダウンロード可能です。予約不要ですが、混雑度合いはその場に行かないと、アナウンスされているサイトなどはないそうです(WDWチャットサービスからの回答より)。

20分間カメラマン独占!“Capture Your Moment”

Capture Your Moment

※出典:WDW公式サイト

Capture Your Momentは、撮影自体には79ドルかかりますが、20分間フォトパスカメラマンを独占して撮影ができるサービスです。撮影した写真は、メモリーメーカーでダウンロードできるため、撮影料金のみがかかります。

予約はWDW旅行の60日前から可能で、当日は予約時間の10分前に指定の場所に集合します。「衣装や小物を使って撮影したい!」「撮影の20分間でプロポーズしたい!」などの要望を事前に伝えておくこともできます。小物のルールや時間の延長等、撮影に際してのルールがあるので、利用を検討する際には、以下WDW公式ページで詳細をご確認ください。

https://disneyworld.disney.go.com/en_CA/events-tours/capture-your-moment/
画像および詳細リンクはマジックキングダムのものですが、4パークそれぞれでCapture Your Momentを利用することができます。他のパークでの撮影を予約したい場合は、詳細リンク下部から、別パークを選択してくださいね!

ライド中の写真が不要ならDisney PhotoPass Lensesで十分!

ディズニー・ジーニー(Disney Genie)まるわかり!

出典:WDW公式YouTube

ここまで、メモリーメーカーの購入をおすすめする記事を書いてきましたが、「アトラクションに乗っているときの写真は特に魅力と感じない」という方はぜひ、“Disney PhotoPass Lenses”を検討してください。

Disney PhotoPass Lenses(フォトパスレンズ)は、2022年にリリースされたDisney Genie+というサービスの一部で、自身のスマホを使って以下のような写真が撮影・保存できます。

  • キャラクターと一緒に写る写真
  • Disney限定の加工・装飾を使った写真
  • パーク内の各スポット限定の効果がかかった写真

撮影は、自撮りもしくは外側カメラで行うことができ、WDWなら15ドルで旅行期間中使用できます。使い方や注意点等の詳細は、以下の記事をご参照ください。

ディズニー・ジーニーまるわかり!サービス内容・料金・アプリ操作
ディズニー・ジーニー(Disney Genie)とその有料オプションディズニー・ジーニー・プラス(Disney Genie+) について、サービスの内容や料金設定、アプリ上での操作方法などの詳細情報をまとめました!

最近のスマートフォン(特にiPhone)は、夜でも明るく高画質で撮影することができますし、WDWパーク内限定のエフェクトも使用できて特別感も味わうことができるのであれば、169ドルのメモリーメーカーを買わなくとも、Disney PhotoPass Lensesで十分かなという気がします。

さいごに

メモリーメーカーの購入について、要否判断の参考になったでしょうか?メモリーメーカー以外にも、写真関連のサービスは多くあるので、これまで取り上げた記事を参考情報として載せておきます。お得にメモリーメーカーを購入できるWDW旅行3日前まで、ぜひじっくりご検討ください!

タイトルとURLをコピーしました